出題形式・合否の判定基準

試験は、筆記試験で行います。出題形式等は下表のとおりです。

  出題形式 出題数 合否基準 試験時間
1級 論述式  2問 試験全体として概ね60%以上かつ問題毎に30%以上の得点 150分
2級 5肢択一 40問 出題数の概ね60%以上の正答 110分
3級 4肢択一 40問 出題数の概ね60%以上の正答 110分
BASIC級 真偽法 70問 出題数の概ね70%以上の正答  60分

※関係法令、会計基準、JIS等の各種規格等に基づく出題については、原則として、前期試験は試験実施年度の5月1日時点、後期試験は試験実施年度の11月1日時点で施行されている内容に基づくものとします。

ページの先頭へ