HOME > 能力評価試験 > ビジネス・キャリア検定試験分野・試験区分 > 「経営情報システム」分野

ビジネス・キャリア検定試験のご案内 受験お申し込み 学習支援 試験の実施結果等 よくあるご質問

「経営情報システム」分野

「経営情報システム」の仕事とは、主に情報システム部などにおいて、会社の経営戦略を踏まえて情報化戦略を策定し、その実現に向けてシステム化を推進するとともに、システムの運用・保守管理や評価を行い、改善策を立てていく仕事です。

試験範囲(概要)

ビジネス・キャリア検定試験では、ITの活用、システム化計画と設計、システムの運用・管理、業務アプリケーションの選定・活用、情報活用に関する内容が範囲となります。なお、2級では、業務の分析・評価・改善やシステムの開発等をはじめとする「情報化企画」 と、情報の活用技術、システムの運用をはじめとする「情報化活用」に分かれています。

1級
2級
3級  


 

合格者の声

2級経営情報システム(情報化企画)

現場での経験や各種の研修等により、スキルを感覚的にに習熟していくことは可能ではあるが、他方で、それらを体系立てて理解し、広く認識知として理解、他者への水平展開を図れるまでのレベルアップさせるのは難しい。当該試験合格への学習はこういった点において非常に有益に作用する。
(北海道総合通信網株式会社 武藤 光海 様)

2級経営情報システム(情報化企画)、3級経営情報システム

会議のときに、上司と関係部門との話の内容についていけなかったことが多々あったため、IT企画に関して体系化された勉強を、自分のペースで、しかもお金をかけずに学びたかった。受験の結果、会議で関係部門が話をしている用語や内容を少しずつ理解できるようになった他、例えば、設備購買の際に外部のベンダー様と打ち合わせをする際、それぞれの会社や業界独特の言葉ではなく、互いに共通化(標準化)された用語を用いることでスムーズに商談が進むなど、他社とのコミュニケーションにも大きく役立つ様に思います。
(日通NECロジスティクス株式会社 鈴木 崇広 様)

Get Adobe Reader 本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、
アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™ (無償提供)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe® Reader™ をダウンロードしてください。

ページの先頭へ

ビジネス・キャリア検定

ビジネス・キャリア検定 活用事例・活用企業のご紹介 最新パンフレット ダウンロード

能力評価試験