HOME > 能力評価試験 > ビジネス・キャリア検定試験分野・試験区分 > 「営業・マーケティング」分野

ビジネス・キャリア検定試験のご案内 受験お申し込み 学習支援 試験の実施結果等 よくあるご質問

「営業・マーケティング」分野

「営業・マーケティング」の仕事とは、営業活動の推進、営業管理体制の構築、製品・価格・流通経路・販売促進計画の策定、広告・宣伝など、製品・サービスを売るための仕組み作り及び販売に関する仕事です。
ビジネス・キャリア検定試験の1級では、評価対象が全社戦略の実現に向けた経営資源やリスク管理を行うマネジメント能力であることを踏まえ、試験分野を基本といたしました。 2級・3級では、主に営業部などで、営業パーソンとして、顧客訪問、商談、アフターセールスに従事している方を対象とした「営業」と、主にマーケティング部などで、マーケティング・リサーチ、商品の企画・開発業務に従事している方を対象とした「マーケティング」に区分しています。

試験範囲(概要)

「1級営業・マーケティング」


1級


「2・3級営業」

「営業」では、訪問計画や商談プロセス等の「営業活動計画の管理」、営業知識や営業技術、与信管理、債権保全と回収等の「営業実務」、契約法務や消費者保護等の「営業法務」に関する内容が範囲となります。

2級
3級


「2・3級マーケティング」

「マーケティング」では、市場細分化、標的市場及び自社のポジショニングを決定する「マーケティング戦略」、市場調査や購買者行動の調査・分析を行う「マーケティング・リサーチ」、製品ライフサイクルやブランド知識を基に市場導入計画などを策定する「製品・価格政策」、販売チャネル政策を策定し、物流効率化等の検討・評価を行う「流通経路政策」に関する内容が範囲となります。

2級
3級


 

合格者の声

2級営業

営業力は結果のみで評価されているが、個の能力を客観的に判断できる資格は、別の観点で昇進や転職時の能力証明に役に立つと思われる。テキストは実践的な内容が多いため、すぐに仕事に取り入れられる物があり、合格可否に係わらず一読するだけでも勉強になる。また、将来的には労務管理3級に取り組みたい。

3級マーケティング、3級経営戦略

意思決定を裏付ける知識を身に付けられ、会社や業務を俯瞰的に把握することができるようになりました。経営戦略やマーケティングにおける目の前の戦略策定や分析を行うためには、業務全般を俯瞰的に捉える考え方が必須であることがわかり、自業務だけでなく、事業の川上から川下までをひとつのセットとして考える力を養うことができました。
(小堀 新 様)

Get Adobe Reader 本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、
アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™ (無償提供)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe® Reader™ をダウンロードしてください。

ページの先頭へ

ビジネス・キャリア検定

ビジネス・キャリア検定 活用事例・活用企業のご紹介 最新パンフレット ダウンロード

能力評価試験