HOME > 能力評価試験 > コンピュータサービス技能評価試験(CS試験) > 試験問題概要・練習問題(ワープロ・表計算部門)

試験問題概要・練習問題(ワープロ・表計算部門)

ワープロ部門


等 級 試 験 概 要 試験
時間
ダウンロード
1 級
課題1 文書の作成 レイアウト図に基づき、表作成・オブジェクト作成(図+テキストボックス)・編集を含め、入力文字数約1100字の文書を作成する。 60分

試験問題概要

 提供データ

注 意 事 項

補 足 資 料

課題2 文書の
編集・校正
与えられたデータをもとに、オブジェクトの作成、編集、校正を行い、複数枚の文書を完成する。
課題3 複数文書の
編集・管理
「課題1」と「課題2」で作成した文書を、表紙・目次・ハイパーリンクの設定を含め、1つの文書ファイルに編集する。

4肢択一により、漢字、ビジネス文書、ハード・ソフトウェア、ネットワークと情報活用等の知識について問う。 20分
2 級
課題1 文字入力 約500字の単純文字入力を行う。 60分 試験問題概要

提供データ

注 意 事 項

補 足 資 料

 

課題2 文書の作成 入力文字数約550字、表作成、編集を含むビジネス文書を作成する。
課題3 文書の
編集・校正
与えられたデータをもとに、オブジェクトの作成、段組みを含む編集、校正を行う。
3 級
課題1 文字入力 約350字の単純文字入力を行う。 50分 試験問題概要

提供データ

補 足 資 料

 

課題2 文書の作成 入力文字数約300字、表作成、編集を含むビジネス文書を作成する。
課題3 文書の
編集・校正
与えられたデータ(表を含むビジネス文書)をもとに、編集、校正を行う。


ワープロ部門のグレード間難易度)

CS試験のワープロ部門は、文書作成用のアプリケーションを活用した文書作成に係る「入力の正確性」「入力スピード」を基本スキルとして、グレードが上がるごとに「文書の編集・校正」「機能を活用した文書編集・管理」等の機能面を活用したスキルを評価する試験となっています。

ワープロ部門課題

ページの先頭へ

 

表計算部門


等 級 試 験 概 要 試験
時間
ダウンロード
1 級
課題1 検索フォーム
の完成
与えられた「テーマの想定要件・データ」をもとに、ワークシート設定、画像貼付け、フォーム設定、入力規則設定、条件付き書式設定、マクロ設定を行い、検索フォームを完成する。 90分 試験問題概要

提供データ

補 足 資 料
課題2 データの
集計・管理
与えられた「テーマの想定要件・データ」をもとに、設定・変換、集計を行い、2種類のグラフを作成するとともに、2種類の形式でデータを保存する。

4肢択一により、表計算ソフトの機能、ハード・ソフトウェア、ネットワークと情報活用等の知識について問う。 20分
2 級
課題1 装飾・編集 与えられたデータをもとに、数式修正、装飾、書式の貼付け、条件付き書式の設定を行う。 60分 試験問題概要

提供データ

補 足 資 料
課題2 関数式によ
る表の完成
与えられたデータをもとに、名前定義、表示設定、関数設定を行う。
課題3 データ処理 与えられたデータをもとに、抽出、集計を行う。
課題4 グラフ作成 与えられたデータをもとに、複数範囲選択により、1種類のグラフを作成する。
3 級
課題1 表の作成 入力したデータに基づき、関数式・計算式を設定し、装飾を施した上で表を完成する。 45分 試験問題概要

提供データ

補 足 資 料
課題2 装飾・編集 与えられたデータをもとに、表の装飾、編集を行う。
課題3 グラフ作成 与えられたデータをもとに、1範囲選択により、1種類のグラフを作成する。


表計算部門のグレード間難易度

CS試験の表計算部門は、アプリケーションの「正確な操作」「適切な機能活用」によりスキルを評価する試験ですが、ワープロ部門のように「入力スピード」で難易度をつけつのではなく、グレードが上がるごとに対象となる操作や機能の幅を広げる(種類を増やす)ことで、難易度をつけています。

表計算部門課題

 


Get Adobe Reader 本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、
アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™ (無償提供)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe® Reader™ をダウンロードしてください。

ページの先頭へ

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)

試験の実施結果 よくあるご質問 情報セキュリティ対策優良企業認定制度 JJ(ダブルジェイ)認定のご案内 コンピュータサービス技能評価試験 活用事例はこちら 専門家から見たCS試験 最新パンフレットダウンロード

能力評価試験