HOME > 能力評価試験 > コンピュータサービス技能評価試験(CS試験) > 試験問題概要・出題範囲

試験問題概要・出題範囲

ワープロ部門


等 級 試 験 概 要 試験
時間
ダウンロード
1 級
課題1 文書の作成 レイアウト図に基づき、表作成・オブジェクト作成(図+テキストボックス)・編集を含め、入力文字数約1100字の文書を作成する。 60分

試験問題概要

 提供データ

注 意 事 項

補 足 資 料

課題2 文書の
編集・校正
与えられたデータをもとに、オブジェクトの作成、編集、校正を行い、複数枚の文書を完成する。
課題3 複数文書の
編集・管理
「課題1」と「課題2」で作成した文書を、表紙・目次・ハイパーリンクの設定を含め、1つの文書ファイルに編集する。

4肢択一により、漢字、ビジネス文書、ハード・ソフトウェア、ネットワークと情報活用等の知識について問う。 20分
2 級
課題1 文字入力 約500字の単純文字入力を行う。 60分 試験問題概要

提供データ

注 意 事 項

補 足 資 料

 

課題2 文書の作成 入力文字数約550字、表作成、編集を含むビジネス文書を作成する。
課題3 文書の
編集・校正
与えられたデータをもとに、オブジェクトの作成、段組みを含む編集、校正を行う。
3 級
課題1 文字入力 約350字の単純文字入力を行う。 50分 試験問題概要

提供データ

補 足 資 料

 

課題2 文書の作成 入力文字数約300字、表作成、編集を含むビジネス文書を作成する。
課題3 文書の
編集・校正
与えられたデータ(表を含むビジネス文書)をもとに、編集、校正を行う。

ページの先頭へ


 

表計算部門


等 級 試 験 概 要 試験
時間
ダウンロード
1 級
課題1 検索フォーム
の完成
与えられた「テーマの想定要件・データ」をもとに、ワークシート設定、画像貼付け、フォーム設定、入力規則設定、条件付き書式設定、マクロ設定を行い、検索フォームを完成する。 90分 試験問題概要

提供データ

補 足 資 料
課題2 データの
集計・管理
与えられた「テーマの想定要件・データ」をもとに、設定・変換、集計を行い、2種類のグラフを作成するとともに、2種類の形式でデータを保存する。

4肢択一により、表計算ソフトの機能、ハード・ソフトウェア、ネットワークと情報活用等の知識について問う。 20分
2 級
課題1 装飾・編集 与えられたデータをもとに、数式修正、装飾、書式の貼付け、条件付き書式の設定を行う。 60分 試験問題概要

提供データ

補 足 資 料
課題2 関数式によ
る表の完成
与えられたデータをもとに、名前定義、表示設定、関数設定を行う。
課題3 データ処理 与えられたデータをもとに、抽出、集計を行う。
課題4 グラフ作成 与えられたデータをもとに、複数範囲選択により、1種類のグラフを作成する。
3 級
課題1 表の作成 入力したデータに基づき、関数式・計算式を設定し、装飾を施した上で表を完成する。 45分 試験問題概要

提供データ

補 足 資 料
課題2 装飾・編集 与えられたデータをもとに、表の装飾、編集を行う。
課題3 グラフ作成 与えられたデータをもとに、1範囲選択により、1種類のグラフを作成する。

ページの先頭へ


データベース部門


等 級 試 験 概 要 試験
時間
ダウンロード
1 級
与えられたデータをもとに4種類のテーブルを作成し、必要なリレーション・参照整合を設定した後、入力フォームの作成と、基本テーブルをもとにした集計・抽出クエリ、照会フォーム、帳票の作成とともに、メニューフォームの作成を行う。 90分 試験問題概要

提供データ

4肢択一により、データベースの導入と分析、テーブルの作成、リレーションシップの設定、SQLプログラミング、データベースの運用管理等の知識について問う。 20分
2 級
3種類のテーブルを作成し、必要なリレーション・参照整合を設定した後、テーブル自体へのデータ入力と、作成した入力フォームからのデータ入力とにより、基本テーブルを作成し、それをもとに、指定のアクションクエリ、抽出クエリ、帳票の作成を行う。 90分 試験問題概要
3 級
2種類のテーブルを作成し、必要なリレーションを設定した後、テーブル自体へのデータ入力と、作成した入力フォームからのデータ入力とにより、基本テーブルを作成し、それをもとに、指定の抽出クエリ、集計・抽出クエリ、帳票の作成を行う。 60分 試験問題概要

ページの先頭へ


オフィスドキュメント部門


等 級 試 験 概 要 試験
時間
ダウンロード
1 級
課題1 報告書の
作成
与えられたデータをもとに、データベースソフト、表計算ソフト、グラフィックスソフト及びワープロソフトを連携活用して、ドキュメントを作成する。 90分 試験問題概要

提供データ
課題2 プレゼン
テーショ
ン資料の
作成
与えられたデータをもとに、表計算ソフト、ワープロソフト及びプレゼンテーションソフトを連携活用して、プレゼンテーション資料を作成する。
課題3 Web対
応のドキ
ュメント
作成
与えられたデータをもとに、表計算ソフト及びワープロソフトを連携活用して、Webと電子メールに対応したドキュメントを作成する。

4肢択一により、ワープロソフト・表計算ソフト・データベースソフト・プレゼンテーションソフト・グラフィックスソフト・Webの連携活用と機能活用に関する事項、コンピュータとITの運用管理等の知識について問う。 20分
2 級
課題1 案内状の
作成
与えられたデータをもとに、データベースソフト、表計算ソフト及びワープロソフトを連携活用して、ドキュメントを作成する。 90分 試験問題概要

提供データ
課題2 プレゼン
テーショ
ン資料の
作成
与えられたデータをもとに、表計算ソフト、ワープロソフト及びプレゼンテーションソフトを連携活用して、プレゼンテーション資料を作成する。
3 級
課題1 報告書の
作成
与えられたデータをもとに、表計算ソフト及びワープロソフトを連携活用して、ドキュメントを作成する。 60分 試験問題概要

提供データ
課題2 プレゼン
テーショ
ン資料の
作成
与えられたデータをもとに、プレゼンテーションソフトを活用して、プレゼンテーション資料を作成する。

ページの先頭へ


PCドライビング部門


試 験 区 分 適用試験
カテゴリー ユニット 実技 筆記
A.OSの
操作スキル
1.パソコンの起動・終了の仕組みとその操作  
2.汎用ソフトウェアの起動・終了の仕組みとその操作  
3.電子化データとその利用  
4.OSの運用・操作  
5.OSのファイルシステムの操作  
B.ソフト共通
機能の
活用スキル
1.OS上のアプリケーション・ソフトウェアにおける
  共通操作
 
2.一般的なハードウェアの活用  
3.一般的なソフトウェアの活用  
4.ユーティリティ・ソフトウェアの活用  
5.ハードウェア及びソフトウェアの入手・設定・保守  
C.ネットワーク
の活用スキル
1.パソコンで利用するネットワークの基礎  
2.LANの活用  
3.Webブラウザの活用  
4.電子メール・メーラーの活用  
5.インターネットの活用
  (ウィルス対策、情報漏洩対策等を含む)
 

(注) 1. 試験の実施単位は、1ユニットごとです。
2. 1ユニットの試験時間は、30分です。
3. 受験申請はユニット単位で、自由に組み合わせて選択することができます。
なお、実技試験については、選択した該当のユニットの練習問題を、筆記試験については、出題形式に基づく解答サンプルをダウンロードすることができます。
4. 参考テキスト及び本番試験体験用CDのご紹介
コンピュータサービス技能評価試験(PCドライビング部門)対策テキストVer.1
「日経BPソフトプレス」著(中央職業能力開発協会監修)
コンピュータサービス技能評価試験(PCドライビング部門)本番試験体験用CD Ver.2
「中央職業能力開発協会 発行」

ページの先頭へ


情報セキュリティ部門


「ダブルJ」という認識

 「組織資産としての情報」に対する「セキュリティ」とは何か、また、「個人として扱う情報」の「重要性」について、一人ひとりが「J(自覚)」して「J(実行)」することが、今後ますます求められてきます。

 「情報セキュリティ部門」は、「一般社員」「就職を控えた在学生」の方々を対象に、ビジネスユースやパーソナルユースを主なカテゴリーとし、パソコン操作と周辺庶務に関するセキュリティ対策についての知識を問う試験です。また、試験は、インターネットを介して、試験会場のパソコン画面上に問題が表示され、画面上で解答する方式で実施されます。
 「情報セキュリティ」関連において、身近な内容で、基本的な知識を評価できる公的資格ですので、是非ともご活用下さい。

等 級 試 験 概 要 出題形式 試験
時間
ダウンロード
単一級
次に示す項目の情報セキュリティに関する知識を問う。
● ビジネスユース
  • 出社時
  • データベースサーバー活用による業務時
  • Webサーバー活用による業務時
  • その他の業務時
  • 退社時
● パーソナルユース
  • 友人との情報のやりとり
  • ネットショッピング
  • 情報収集
  • ホームページの立上げ
  • 不特定多数の個人との情報のやりとり
  • その他
● JIS規定の関連用語の定義
● 関係法令
4肢択一方式で50題 60分 試験問題概要



Get Adobe Reader 本ページに掲載されたPDFファイルを表示・印刷するためには、
アドビシステムズ株式会社のAdobe® Reader™ (無償提供)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe® Reader™ をダウンロードしてください。

ページの先頭へ

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)とは
受験を希望される方へ
試験の実施を希望される施設の方へ
学校の先生方へ
企業の教育訓練のご担当者へ
よくあるご質問
情報セキュリティ対策優良企業認定制度 JJ(ダブルジェイ)認定のご案内 コンピュータサービス技能評価試験 活用事例はこちら 専門家から見たCS試験 最新パンフレットダウンロード

能力評価試験