HOME > 能力評価試験 > コンピュータサービス技能評価試験(CS試験) > 企業の教育訓練のご担当者へ

企業の教育訓練のご担当者へ

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)の目的は、「実務で活用できる能力」であることを評価することです。
アプリケーション操作スキルの向上により、業務の効率化が行え、公的資格試験の取得により、社員の方々の意識の向上が狙えると考えています。
社員の方々が、CS試験のワープロ部門や表計算部門の2級以上の取得をすることにより、一般の事務業務等のアプリケーション操作に係る時間が短縮され、効率化がはかれるとともに、加えて、オフィスドキュメント部門やデータベース部門の2級以上を取得することで業務処理方法等をアプリケーションを用いて効率化することができると考えます。
企業内教育や社員の自己啓発等の一環でCS試験を導入を一度ご検討ください。
詳細については、お近くの都道府県協会もしくは、中央協会へご相談ください。

実務に即した試験

CS試験は、実務作業を想定して作成された課題になっていますので、実務の効率化につながること考えます。
試験の内容は、実際に出題される内容に近い練習問題を参考にしてください。
また、試験の出題範囲も併せてご確認ください。

実際に企業で活用されている事例


社内で受験ができます。

CS試験の試験実施認定制度を活用いただければ、会社の施設を使用して試験の実施が可能です。
※ 試験実施については、いくつか条件がありますので、お近くのの都道府県協会にご相談ください。

学習教材

当協会で試験問題集を販売していますので、ご確認ください。
※ 必ず中央職業能力開発協会が発刊した問題集もしくは、公認ドリル集で勉強してください。
(試験のレベルと出題内容が異なります)

ページの先頭へ

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)とは
受験を希望される方へ
試験の実施を希望される施設の方へ
学校の先生方へ
企業の教育訓練のご担当者へ
よくあるご質問
情報セキュリティ対策優良企業認定制度 JJ(ダブルジェイ)認定のご案内 コンピュータサービス技能評価試験 活用事例はこちら 専門家から見たCS試験 最新パンフレットダウンロード

能力評価試験