HOME > 能力評価試験 > コンピュータサービス技能評価試験(CS試験) > CS試験の難易度

CS試験の難易度

ワープロ部門のグレード間難易度)

CS試験のワープロ部門は、文書作成用のアプリケーションを活用した文書作成に係る「入力の正確性」「入力スピード」を基本スキルとして、グレードが上がるごとに「文書の編集・校正」「機能を活用した文書編集・管理」等の機能面を活用したスキルを評価する試験となっています。

ワープロ部門課題

表計算部門のグレード間難易度

CS試験の表計算部門は、アプリケーションの「正確な操作」「適切な機能活用」によりスキルを評価する試験ですが、ワープロ部門のように「入力スピード」で難易度をつけつのではなく、グレードが上がるごとに対象となる操作や機能の幅を広げる(種類を増やす)ことで、難易度をつけています。

表計算部門課題

ページの先頭へ

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)とは
受験を希望される方へ
試験の実施を希望される施設の方へ
学校の先生方へ
企業の教育訓練のご担当者へ
よくあるご質問
情報セキュリティ対策優良企業認定制度 JJ(ダブルジェイ)認定のご案内 コンピュータサービス技能評価試験 活用事例はこちら 専門家から見たCS試験 最新パンフレットダウンロード

能力評価試験