HOME > 能力評価試験 > コンピュータサービス技能評価試験(CS試験) > CS試験の良いポイント

CS試験の良いポイント

どんな資格を取得するのが良いのでしょうか?

そもそも何故、能力評価(資格試験)を行うのでしょうか?

  • 試験に合格することで、自分の能力(スキル)レベルを知ることができるから
  • 試験に合格することを目指すことで、学習意欲が高くなるから
  • 学校等で勉強した学習度合いを確認する(到達度試験)目的で評価を行えるから
  • 指導者からみて、学習した成果を評価することで、各自の習得度がはかれるから

試験を受けて資格を取得する目的は?

  • 就職する際の能力(スキル)の証明をするため(履歴書に書く、面接の際にアピールするなど)。
  • 自分のスキルレベルがどの程度かを資格取得で確認(証明)するため。
  • 人事採用担当からみて、どの程度の能力か、即戦力となる人材であるかを見極めるため。
arrow

では、どんな資格を取得するのが良いのか?

実務(仕事や趣味)で役立つ能力(スキル)であることを証明する試験(資格)が一番良いとJAVADAでは考えています。

arrow
CS試験は、これらを目指してつくられた試験制度です。

ページの先頭へ


CS試験はどんな試験か?

試験の目的は、「実務で活用できる能力」であることを評価することです。
そのため、試験問題は、実作業で活用できる内容を精査して出題しています。

arrow
CS試験に合格することにより、仕事が効率的に行えます。
仕事に役立つ資格と言えます。
目指すは、2級以上!!実務で即戦力のスキルをマスターできます。

実際にCS試験に合格した方の意見

  • 就職して役立てる能力(スキル)を取得したいので、CS試験を選択、実務で活用できるスキルが身につきました。
  • 仕事を効率的に行うためにCS試験を取得、短時間で仕事が終わるようになりました。

ページの先頭へ


CS試験を取得することにより、就職でも、社会に出ても、必ず役に立ちます

CS試験の良いところ(CS試験制度活用イメージ)

ページの先頭へ


実際にCS試験を導入している企業のご意見

企業の担当者

  • 企業内教育を効果的に行うには、「教育+評価」を導入することが効率的で、CS試験は、試験内容が実務に即しているので評価ツールとして適切です。
  • 試験導入前は、各自のやり方で事務処理を行っていたが、CS試験を導入後、統一したやり方が主流となり、職員間で仕事の分業や情報共有等が活発になり、短時間で、効率的に業務が行えるようになった。

取得した社員の方

  • 今まで、独学で充分と思っていたが、CS試験の勉強をして、より効率的に業務を行える方法を学んだ。
  • 実務で活用できる試験内容なので、資格を取得することにより自信を持って仕事ができるようになった。

ページの先頭へ

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)

コンピュータサービス技能評価試験(CS試験)とは
受験を希望される方へ
試験の実施を希望される施設の方へ
学校の先生方へ
企業の教育訓練のご担当者へ
よくあるご質問
情報セキュリティ対策優良企業認定制度 JJ(ダブルジェイ)認定のご案内 コンピュータサービス技能評価試験 活用事例はこちら 専門家から見たCS試験 最新パンフレットダウンロード

能力評価試験