HOME > 能力評価試験 > ビジネス・キャリア検定 > 活用事例・活用企業のご紹介(ビジキャリ合格者の声)

ビジネス・キャリア検定試験のご案内 受験お申し込み 学習支援 試験の実施結果等 よくあるご質問

活用事例・活用企業のご紹介(ビジキャリ合格者の声)

人事・人材開発 労務管理

2級人事・人材開発

これまで経験値だけで仕事をしていたが、本試験の受験を通じ、社内で行っている業務の経験値だけでは得られなかった知識が得られ、対応の幅を拡げることができました。体系的、統一的な知識の習得・人材開発に有用な試験。周知活動にもさらに力を入れたらよいと思う。

2級人事・人材開発、3級人事・人材開発

キャリアコンサルタントの国家資格を取得し、続いて企業の人事制度についての体系的知識を習得したくなったため受験しました。キャリアについて、個人の視点と企業の視点双方から考える事ができるようになったのは、大きな財産であると思います。

(森 康智 様)

3級人事・人材開発

会社からの指示が受験のきっかけではありますが、科目内容は実業務とも密接に絡むため、基礎知識のチェックや習得領域のバランスを把握する意味で非常に活きています。引き続き、2級・1級と取得していきたいと思います。

2級労務管理

日々の業務の中で、会社の中ではしっかり業務に取り組めているつもりであっても、一般レベルで考えたら今の自分のレベルはどの位なのか?なかなか客観的に見つめる事は難しいと感じており、当初は自分の力試しを目的に受験しました。検定試験の中には、直接関わりの少ない業務に関する情報も入っていますが、幅広い情報を得る事で、業務に対する判断の基準が形成され、より円滑に仕事が進められるようになったと感じております。

(ケーテック株式会社 様)

2級労務管理

知識レベルの確認のために受験しました。人事・労務に関する仕事に携わって10年余になりますので、この試験のための勉強はあまりしませんでした。結果としてはこのような成績を取ることができましたが、不得意な分野(普段携わっていない分野)に不正解が集中していましたので、今後は業務範囲を広げ、新たな知識を身につけたいと思います。

(株式会社オンダ製作所 様)

2級労務管理

実務で曖昧だった知識を再確認し、更に深める良い機会となりました。

(林純薬工業株式会社 様)

3級労務管理

会社の推奨資格となったこともあり、かねてより興味がありました労務管理を受験することを決意しました。出版されている書籍や労務管理に関する法令を並行して読み解くことで理解が深まりました。試験問題は実際に起こりうる出来事を題材にしているので、興味深く学習を進めることができました。次は2級を受験し、また成績優秀者に選ばれるよう気を引き締めて学習していこうと思います。

(ほくでんサービス株式会社 柴田 貴代江 様)

経理 財務管理

2級経理

会社の昇格要件とされていたこともあり、現在従事している経理業務のスキルアップのため受験しました。通信教育を約半年間受講、1日30分から一時間程度、過去問を繰り返し解き、間違えた問題について、全ての選択肢の根拠を調べました。今回の受験を通じ、何となく理解していた法的根拠・原則について、しっかり身についたように思います。

(新潟ポリマー株式会社 様)

2級財務管理(財務管理・管理会計)

財務管理に関する知識を体系的に学習・理解することができた。また、客観的にどれくらい身についているかを図る指標になるため、自身の能力のアピールにも繋げられると思う。

営業マーケティング

2級営業

自分の仕事内容では、本試験は出題範囲が業務上、関連していることも多く、全般的に知識を整理することができた。また、営業3級と2級のテキストを購入したが、試験の勉強目的以外にも、日常的な仕事内容でも考え方のヒントになることも多く、単純に書籍として良いものだと感じている。

2級営業

営業は各個人の経験したノウハウだけでしか習得できないものであり、テキストなどの知識としてはないものと考えていたが、学習することにより標準的な営業としてのスキルを習得することができた。

2級営業、2級マーケティング、2級経営戦略

現在の職務において「マーケティング」と「営業」と「経営戦略」は必要なスキルであり、2015年に取得した「2級人材・人材開発」と合わせて、業務スキルに磨きをかけるため受験いたしました。テキストを全ページ読み込むことで、新たな知見を得ることができました。業務での体験という「点」が、テキストを読み込むうちに「線」になり、「面」になることで実務においても多いに役立っています。

(株式会社JTBベネフィット 鈴木 武史 様)

3級営業

本資格の勉強をすることで、意味のある営業活動計画を策定することができるようになった。それまでは自らの過去と、販売上位者との比較でのみ計画を立てていたが、KPIもスムーズに決められるようになり、活動エリアも絞って選定できるようになりました。

3級営業

お客様との接し方の基本知的な考え及び、法務的な基礎知識が役立っています。

3級マーケティング、3級経営戦略

意思決定を裏付ける知識を身に付けられ、会社や業務を俯瞰的に把握することができるようになりました。経営戦略やマーケティングにおける目の前の戦略策定や分析を行うためには、業務全般を俯瞰的に捉える考え方が必須であることがわかり、自業務だけでなく、事業の川上から川下までをひとつのセットとして考える力を養うことができました。

(小堀 新 様)

3級マーケティング

この試験に合格したことにより、第一にマーケティング関連の業務に従事するチームに入る資格を得たことが最も大きい。また、今までは販売成果を集計することのみが目的であったルーティン作業に関して、営業エリア、お客様の業種の偏りに気づくことができるようになり、業務の幅が拡大した。

3級マーケティング

一定の考え方のまとまりを体系だって学習し、その定着度合いを確認することができる点で、役立ちました。

(石沢 昭人 様)

生産管理

2級生産管理プランニング(製品企画・設計管理)

入社10年目の今年、『自分がどれだけ成長できたか確認したい』と思い受験しました。試験前の約1か月間は、教科書を読み込み、そして過去問4回分を繰り返し勉強しました。勉強する中で、企画/設計/原価等の分野において、自分の知識が曖昧だった事に気づかされました。不明確な部分をクリアにする≒世間一般の知識と摺合せができるという意味で、有意義な試験だったと思います。

(シチズン時計マニュファクチャリング株式会社 様)

2級生産管理プランニング(生産システム・生産計画)(加工・組立型)

システム開発のプロセス・知識と生産管理のプロセス・知識は異なるところもあれば同じところもあり、そうなる理由を考えながら学習することで、システム開発の理解をより一層深く理解できるようになった。受験を通じて、生産管理に関するノウハウや知識を体系的に学習できるので、むしろ余りよく知らない人が学習するのによいと思います。

(株式会社NTTデータ 矢作 政之 様)

2級生産管理プランニング(生産システム・生産計画)(加工・組立型)、2級生産管理オペレーション(作業・工程・設備管理)

受験のための学習を通じて、自身の主業務である工程設計において、生産管理全般を考慮した設計が可能になった。また、論理的な現場改善の進め方を身に付けたことで、業務の手戻りが少なくなった。

(富士電機株式会社 森山 瑛啓 様)

2級生産管理プランニング(生産システム・生産計画)(プロセス型)

業務に必要な知識を体系的に学ぶことができ、また気付かないまま不足している知識を知る・学べることができることから、とても有用な試験だと思う。

(中野 慎也 様)

3級生産管理プランニング

生産管理業務の全体像を体系的に捉えることができた。これまでは我流だったので、テキストの通読やテストによる知識の確認は業務にも活きています。

(関根 秀明 様)

2級生産管理オペレーション(作業・工程・設備管理)

今持っている知識が一般的な知識と差があるのか確認するために受験しました。生産管理の分野はとても幅広いため、今まで携わっていなかった分野のことも知ることができ、実務に置いても業務に対する理解が深まったと思います。生産管理2級は4分野に分かれているので、残りの分野に挑戦したいと思っています。また、後輩にこの試験を進めていきたいと思っています。

(シャボン玉石けん株式会社 松崎 翼 様)

2級生産管理オペレーション(作業・工程・設備管理)

担当業務が生産管理関連へと変更になったため、業務に関係深い「生産管理オペレーション」を受験しました。当資格の一般的な知識以外に業務へ活用していく応用、実践力が身につき、今後、実践することで結果へと繋げていきたいと考えています。

(オムロン株式会社 齋藤 護一 様)

2級生産管理オペレーション(購買・物流・在庫管理)

管理職に就いた際、上司より管理業務の重要性について話をされたのが受験のきっかけです。私は製造部に所属しており、それまで機械組立の実務作業のみを行ってきたため、まずは生産管理の知識の取得を目的に一昨年「生産管理オペレーション2級(作業・工程・設備管理)」を受験し、生産管理の役割について学びました。その上で、最近の業務の重要項目が「コスト低減」であった為、生産活動の源流でもある「購買・物流」を学ぶことで、今の業務に更に活用できると考え、今回は「生産管理オペレーション2級(購買・物流・在庫管理)」を受験しました。過去問を解きながら、理解できない事や確信を持てない事をテキストで調べながら学習を進めた他、具体例がないと分かりにくい事や単語などは、インターネットを活用しながら学習を進めました。今回、購買方式や物流方式について学んだことで、コスト低減を進めるにあたり、製造側からだけではなく、調達側の立場にも立った改善提案ができるようになったと思います。

(株式会社沖縄先端加工センター 畑山 直樹 様) 

2級生産管理オペレーション(購買・物流・在庫管理)

自分の実力を測るとともに、スキルアップを目指すために受験しました。自分の会社・業務の当たり前を疑い、新しい解を見出す良いきっかけになると思いました。今までのやり方がすべてだと思って業務をしてきましたが、それを(良い意味で)疑うようになりました。受験のための学習を通じて、購買部門や設計部門とのやり取りもスムーズになり、どんなやり方がベストなのかを考えられるようになりました。

(富士通株式会社 菅野 哲視 様)

3級生産管理オペレーション

日々の業務についてのスキルアップ、またこの検定が広い分野の基礎的な知識を学べ、理解を深めることができると考え、受験することを決めました。受験を通じて、日々の業務の中でセオリーとされている仕組みの基礎知識が得られ、なぜそれがセオリーとなったのかについて理解することができるようになりました。また、さらなる知識の習得、この検定のさらに上級を取得し、知識を深めたいという学習意欲を得られました。

(株式会社富士通ITプロダクツ 坂前 大志 様)

3級生産管理オペレーション

学習した専門知識が、自分の携わっている各業務の当てはめることで、自社もしくは自分独特のやり方であるかどうか、偏った考えをもっていないか確認することができた。さらに、より改善するための糸口となりました。

(三協立山アルミ株式会社 奥原 正樹 様)

企業法務 総務

2級企業法務(組織法務)

2級企業法務(組織法務)のスキル確認及び2級企業法務(取引法務)合格後、更に業務の幅を広げる為に受験しました。必要な知識が短時間で引き出せることに役立っています。

(日本精線株式会社 西村 幸喜 様)

2級企業法務(取引法務)

法務部に所属しているので、会社で日々色々な方面から相談の電話を受けます。そのため、法律の引き出しを常に整理しておかなければなりません。例えば、保証人と連帯保証人の違いなどがすぐに答えられないとビジネスのスピードについていけません。法律相談を受けたら、瞬時に頭のなかのデータベースから適切な答えを瞬時に引き出して、ビジネスを止めない。そんな検索スピードを養うのに、定期的に検定を受けることは大いに役立ちます。

3級企業法務

会社が推奨している検定でもあり、少しでも仕事に活かす事ができればと思い受験しました。標準テキストで学習し、わからない用語などはインターネットや図書館の本で調べたりして学びました。普段なかなか勉強する事がないが、受験をきっかけに勉強するよい機会となった。また、知らない知識を新たな得ることができました。

(株式会社キユーソー流通システム 羽根 孝子 様)

3級総務

企業法務および総務の学習を通じて全般的な知識を得ることができた。普段の業務に関連するため、たいへん役立っています。既に3級企業法務、2級企業法務(取引法務、組織法務)を受験していますが、手始めに3級を受験し、その次の回に2級を受験することで、より深い知識の習得ができています。

(株式会社神鋼エンジニアリング&メンテナンス 長谷川 稔 様)

ロジスティクス

2級ロジスティクス管理

過去問題を中心に学習しましたが、2級の試験問題中に3級の事柄も出題されますので、3級を取得し2級にチャレンジするほうがよいと思います。ロジスティクスに関する資格は、本協会の資格しかありません。この資格を取得することにより、担当業務(部品入出庫/検収、部品棚卸)のスキルアップができ、自分も成長できたと確信しております。

(平田 勝一 様)

2級ロジスティクス管理、2級ロジスティクス・オペレーション

一番最初は、自分の業務に一番関係の深い、2級生産管理プランニング(製品企画・設計管理)を取得しました。以来、自己啓発の一環として毎回、2級を1~2科目受験してきました。現在、2級を10科目取得しましたが、さまざまな科目を受験することで、社内の他部署の業務の理解、会社の仕組み、運営に対する理解も深まりました。今回は、2級ロジスティクス管理と2級ロジスティクス・オペレーションを受験しましたが、自分の手がけた商品がどのようにお客様まで届けられるのか、また輸送にも配慮した商品設計、梱包設計といったものについても考えるきっかけとなりました。

(未来工業株式会社 西脇 寿幸 様)

3級ロジスティクス管理

物流業務に携わるのが初めてで、専門知識を体系的に学べる方法を探していた。物流に関する資格試験はいくつかあるが、どれも受検料が高額で、業務時間中に講座を受講する必要があるものもありハードルが高かった。この検定試験は適正な受検料で、試験内容もその分野を全体的に網羅しており、今の自分にはぴったりだと思ったため受験した。ロジスティクスに関する専門知識を体系的に学ぶことができ、それらの知識を実務に生かせるケースが多々出てきている。例えば、現場作業者との日々の会話や業者との打合せ・折衝など。会社への報告事項も根拠を持って理論立てて出来るようになった。

(山本 和広 様)

3級ロジスティクス管理

流通知識の体系的習得のため、また、自分の実力・力試しのために受験しました。受験の結果、漠然とやっていた、部品管理の仕事が再認識できた。また、流通の知識も深めることができました。

(シャープエンジンニアリング株式会社 園田 昌大 様)

2級ロジスティクス・オペレ-ション

昨年度「2級ロジスティクス管理」に合格し、今回は「2級ロジスティクス・オペレーション」を受験しました。主に過去問の内容でテキストを再確認することを繰り返しました。国内物流を実務で四半世紀従事していますが、本試験の受験により、拠点整備の考え方、包装、CSR、環境と多岐に亘って整理することができ、輸出入、海上輸送についても学習ができたことにより、大きな糧となりました。

(大和物流株式会社 奥瀬 敬 様)

2級ロジスティクス・オペレーション

流通関係の仕事に就いて自分の知識量を確認したいと思ったのが受験のきっかけでした。テキストを読んでみて自分が携わったことのないような事柄もあり改めて流通の奥深さということを思い知らされました。自分に直接かかわらない流通に対してもある程度どんなことをやっているのかを知識として学べたのでそれを活かして今後の仕事に役立てて行きたいと思います。

(高塚 健太郎 様)

3級ロジスティクス・オペレーション

会社から指名されて義務感いっぱいで受験しました。意外と知らないことが多く、覚えるのに苦労しましたが、廻りの方の励ましや支援もあり合格することができました。自分自身でも大きな自信となり、仕事上で活かしていきたいと思います。

(日通・パナソニックロジスティクス株式会社 中野 由紀子 様)

BASIC級ロジスティクス

大学受験のAO入試に向けて物流の勉強をするにあたり、この検定を親戚から紹介されました。物流を学ぶ上で土台となる知識をこの受験の勉強時に得ることが出来ました。基礎知識を身に付けられたことにより、物流についてより関心が湧きました。今後はより物流を理解するために、物流関係の企業でインターンシップをすることが決まっています。

(青山 奈々美 様)

経営情報システム

2級経営情報システム(情報化企画)

現場での経験や各種の研修等により、スキルを感覚的にに習熟していくことは可能ではあるが、他方で、それらを体系立てて理解し、広く認識知として理解、他者への水平展開を図れるまでのレベルアップさせるのは難しい。当該試験合格への学習はこういった点において非常に有益に作用する。

(北海道総合通信網株式会社 武藤 光海 様)

2級経営情報システム(情報化企画)

昨年ロジスティクス管理2級を取得し、今回は、自己啓発のため経営情報システム2級(情報化企画)に挑戦しました。団塊世代の急速な世代交代が進む中でIT活用による業務効率化やロジスティクス改善が非常に重要となっております。経営戦略からITソリューション活用まで幅広い分野で体系的に知識が習得できました。

(宮本 雅夫 様)

2級経営情報システム(情報化企画)

知識を体系的の学ぶことができ、かつ、合格という目標設定に向け自己啓発になると考えたために受験。業務における断片的な知識が、今回の学習により全体が繋がり関係性や重要性を認識することができ、大いに実務に役立っている。ビジネス・キャリア検定試験は、自己啓発の目標設定として非常に役立つ試験であり、かつ、学習で学んだ知識が実務にも役立ち、自信となる。

(加藤 茂樹 様)

2級経営情報システム(情報化企画)、3級経営情報システム

会議のときに、上司と関係部門との話の内容についていけなかったことが多々あったため、IT企画に関して体系化された勉強を、自分のペースで、しかもお金をかけずに学びたかった。受験の結果、会議で関係部門が話をしている用語や内容を少しずつ理解できるようになった他、例えば、設備購買の際に外部のベンダー様と打ち合わせをする際、それぞれの会社や業界独特の言葉ではなく、互いに共通化(標準化)された用語を用いることでスムーズに商談が進むなど、他社とのコミュニケーションにも大きく役立つ様に思います。

(日通NECロジスティクス株式会社 鈴木 崇広 様)

2級経営情報システム(情報化企画)、2級経営情報システム(情報化活用)

社内の同僚が受験していて、試験内容に興味を持ったために受験しました。システム企画の進め方、企画書に記載すべきこと、ビジネスフレームワークなど、仕事の進め方の定石を学べたため、仕事を漏れなく効率的に進めることができるようになりました。システム導入や企画・開発をしているので、今後は経営戦略を学習しようと思っています。また、過去に、人事システムや在庫管理システムを担当したので、復習をかねて学習予定です。

3級経営情報システム

通常業務の振り返り・やり方を見直す良い機会となった。また、新しくシステムを導入する際にも役に立つ内容でした。

経営戦略

2級経営戦略

一口に「戦略」と言っても、それが学術的に全社戦略なのか、事業戦略なのか、機能戦略なのかが切り分けられていない事が多いと感じていた。 実務的に、この境目や考え方を周囲に理解してもらうことで、より精度の高い戦略立案ができている。

(株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 荒木 寛太 様)

2級経営戦略

経営について大変よい勉強になりました。もっと若い時に受験すればよかったと思います。

(株式会社NTT東日本-南関東 佐藤 文一 様)

2級経営戦略

自己研鑽のために、1件/年のペースで受験しています。公式テキストによる学習を通じ、会社員にとって必要な知識を幅広く得ることができるため、日常業務への理解が深まると感じています。今後とも各分野の受験を計画しています。

(日鉄住金テックスエンジ株式会社 伊藤 貴哉 様)

3級経営戦略、2級人事・人材開発

試験勉強を通じて体系的に知識を習得することができました。テキストも分かりやすく効率的だったと思います。業務に対して理論の裏付けを持てたことで、お客様の人材育成も自信をもって支援できるようになりました。

(山本 弘樹 様)

 

ページの先頭へ

ビジネス・キャリア検定

ビジネス・キャリア検定 活用事例・活用企業のご紹介 最新パンフレット ダウンロード

能力評価試験