HOME > 能力評価試験 > ビジネス・キャリア検定 > 企業事例 浜名湖電装株式会社

ビジネス・キャリア検定試験のご案内 受験お申し込み 学習支援 試験の実施結果等 よくあるご質問

企業事例 浜名湖電装株式会社

浜名湖電装株式会社

会社概要

設立 1950年(昭和25年)
資本金 478百万円
従業員数 1,605名(単独)
4,315名(連結)
本社 静岡県湖西市
事業内容 自動車用部品の製造・販売

「技能検定」と「ビジキャリ」によって幅広い従業員の学習環境・評価制度を構築

浜名湖電装株式会社は、トヨタグループの始祖 豊田佐吉翁生誕の地である静岡県湖西市において1950年に設立されました。日本電装株式会社(現 株式会社デンソー)の自動車部品の生産からスタートして以降、順調に取扱品目を増やし、生産した部品はトヨタ自動車等の国内メーカや取引先を通じ、海外メーカでも使用されるなど、デンソーグループの一員として大きく発展している企業です。 同社は、製造部門では「技能検定」を、事務・管理部門では「ビジキャリ」を活用することにより、多くの従業員が継続的に学習し、能力向上に励む職場風土を醸成しています。

「ビジキャリ」導入の背景

製造部門では、従前より「技能検定」を活用することにより、従業員の能力を定量的に計ると共に、段階的な向上を図っていく仕組みを構築出来ていましたが、こうした仕組みを事務・管理部門にも導入・展開したかったことから07年より導入を開始しました。

「ビジキャリ」の活用状況

等級制度に紐付けしており、上位等級に上がるまでには合格しておくこと、という仕組みとしているため、受験時期について、配属何年目に受験せよといった義務付けありませんが、早い者は1年目から受験しています。試験結果のスコアシートは直属上司経由で本人に返すことにしており、その際、試験結果について上司から評価やコメントを添えることにより、更なる学習につなげていく仕組みとしています。

「ビジキャリ」導入後の効果

社内で日常業務を進める上での事務的な知識ならOJTで身に付けられますが、そこから幅を拡げていこうとすると、それだけでは不十分と考えています。ビジキャリを活用することにより、担当業務の全体像の把握に役立っている他、一企業人として身に付けておくべき専門知識を身につけ、知識の幅を拡げることが出来ています。
そもそも事務系職種については、専門的に学べる教育メニューが殆どないため、ビジキャリの受験学習を行う事でOJTだけでは身につかない専門知識を習得できると考えています。自分の能力を証明する、そのために努力(学習)する、こういったプロセスは業務に落とし込める上、学習してわからなければ、同じ職場内に既に合格している先輩・上司が居るので、そこに聞きに行けば、先輩・上司は指導する、それによって先輩・上司も育つといった側面もあると考えています。

ページの先頭へ

ビジネス・キャリア検定

ビジネス・キャリア検定 活用事例・活用企業のご紹介 最新パンフレット ダウンロード

能力評価試験