HOME > 能力評価試験 > 技能検定 > 技能検定 実技試験の試験区分の名称変更について

技能検定 実技試験の試験区分の名称変更について

 職業能力開発促進法施行規則の一部を改正する省令が平成27年12月28日に公布され、平成28年4月1日から施行されます。これにより、実技試験の実施方法(試験区分)が規定され、従来使用していた名称が変更(表1)されるところですが、試験問題の「試験科目及びその範囲並びにその細目」に変更が及ぶものではなく、試験の内容が具体的に変更されるものではありません。
 平成28年度(前期)実施職種一覧・実技試験概要は、平成28年3月に当ホームページに掲載予定ですので、詳細は同ホームページでご確認下さい。

 

表1 実施方法の名称(新旧)

 

実施方法の名称(旧) 実施方法の名称(新) 備考
作業試験 製作等作業試験  
要素試験 判断等試験  
ペーパーテスト 計画立案等作業試験  
  実地試験 新設

ページの先頭へ

能力評価試験